2019年9月10日火曜日

第113回ミニゼミ「五感を使い脳を活性化しよう!」開催しました。

9月7日(土)午後1時半~3時までの間、五感健康法推進員の皆さんの指導で①折り紙でハンドバック②厚紙チラシ(A4版)4枚を組み合わせた箱作り③ゼムピンのストラップづくり④押し花のコースターづくり、⑤ラベンダーの匂い袋作り⑥毛糸のコースターづくり⑦豆つかみなど各テーブルに分かれ順にトライしました。全部体験された方も見えました。手先や頭を使い脳の活性化ができたと思います。最後には全員で2組に分かれスプーンでピンポン玉送りで早さを競い楽しみました。参加者30名でした。
※図書館くらぶは発足した平成23年6月から取組み丁度この9月で100ヶ月目になります。この間いろんな分野のテーマのミニゼミを開催してきました。特に食糧・エネルギー・医療介護を中心に健康維持システムの3要素は自治体で完結したいもの。この点も意識しながら健康に関しては①管理栄養士さんによる美容とダイエット②介護サポーター養成講座③脳梗塞から奇跡の復活リハビリテーション④地域包括医療ケアシステムを先駆けて導入された国保坂下病院長の苦にならない健康づくり⑤ドクターカーの活動について⑥心の通う医療を目指して、2016、2018年連続して日本ベストドクターズに選ばれた医師の講演、そして今回のミニゼミでした。

2019年9月3日火曜日

9月の企画展示は「高齢者が安心安全に暮らせる街」です

9月は図書館くらぶと市役所高齢支援課、消費生活相談室、中津川警察署のご協力を得て企画展示を行いました。中津川市における高齢者比率の推移や交通事故に遭わないように、またニセ電話詐欺に合わないように安全安心コールセンターのご案内、高齢者の介護と福祉の相談窓口、認知症予防についてなど、また各種印刷物の無料持ち出し用も用意しています。
☆第113回ミニゼミは9月7日(土)午後一時半より中央公民館4-2学習室にて「五感で脳を活性化しよう!」です。多くの皆さんに参加して頂きたいですね。
☆8月25日(日)開催の第112回ミニゼミ「父と私の沖縄戦」には定員の2倍以上の参加102名でした。戦争の悲惨、一般市民の幸せを一瞬に奪う恐ろしさなど、沖縄の平和の礎を通して沖縄を考える機会となりました。次の世代にもつなげていかなくてはならないことですね。図書館はその機能があるはずです。中津川市立図書館は昭和34年に設立された若い図書館で、このような歴史・文化などの資料史料の収集の機能の充実が望まれます。

2019年7月31日水曜日

8月の展示は「戦争と平和」今年は沖縄を取り上げました!

8月は終戦記念日がありますので、毎年8月は「戦争と平和」をテーマに取り組んできました。今回は沖縄の「平和の礎」を通して沖縄を考える機会の展示です。沖縄戦で中津川市出身の戦死者もいた事実を通して、沖縄を考えてみたいですね。
関連ミニゼミは8月25日(日)13時30分~中央公民館4-2学習室にて開催します。テーマは「父と私の沖縄戦」講師は合唱団やまなみ指揮者の梶田鈴枝さんです。

2019年7月16日火曜日

第110回ミニゼミ高山哲夫先生講演会「こころのかよう医療を目指して」開催しました

2016年、2018年連続して日本ベストドクターズ(隔年実施)に選ばれた高山哲夫先生の講演会は6月30日(日)午後、中央公民館4-2学習室にて開催しました。定員の培以上の出席者96名で内75%が旧中津川市、恵那市からも3名の方が出席されました。
先生が直面された主な症例に触れられ、人間の臓器はみなつながっている。医者の専門性に偏る診断から疾病の見逃しがある。薬の副作用の症例など、高齢者である私たちには、日ごろ自分の体をチェックすることの必要性を感じとることができました。
 国保坂下病院が平成13年から先駆けて理念として取り組まれた「地域包括医療ケアシステム」は「予防は最良の医療」疾病予防と健康づくりに、保健・医療・介護(福祉)をシステム化し集約してコミュニテイ(生活圏)をベースに展開、また「成功する特定保健指導」の出版は外部から実績が評価されたものであること。
 会場からは、先生の活動の源泉について質問があり、「何事にも興味を持つこと」と答えられていました。 
 健康はもちろん、生き方まで考える充実した時間でした。
 また、真の地域包括医療介護福祉システムはその地域の文化の高揚、経済の活性化にも深い関係があることも学習しました。
 高山哲夫先生ありがとうございました。

2019年6月20日木曜日

第9回かけはしツアー「鶴舞中央図書館見学等」行ってきました!

6月19日(水)梅雨の合間の好天に恵まれ、参加者44名、予定通り「鶴舞中央図書館」「名古屋城本丸御殿」見学ツアー開催し、大変満足できたツアーになりました。
本格的な我が国トップクラスの図書館で、約100万冊に及ぶ書庫や開架30万冊など中心に見学させて頂きました。初めにパワーポイントで館内の様子や仕組みを30分説明を頂き、そのあと館内を約40分見学させて頂きました。書庫では新聞書庫、古書資料、雑誌、一般書籍など、また新聞切り抜きなど市民が見やすい工夫もありました。古書コーナーでは次に行く名古屋城の建築古文書があらかじめ机上に開かれていて説明を受けました。「図書館はこうして手に取ってみることができます」との説明に図書館の価値を感じました。歴史を感じる雰囲気ですがテイーンズコーナーでは、グループで学習や討議ができるスペース、また展示コーナーが各所に、地形図(中津川市では鉱物博物館所蔵)や住宅図、それに書庫では古い町並みの地図など、雑誌は各種バックナンバーが揃っていて見学後、なにか満たされた気持ちになりました。見学では実質4グループに分かれた説明を受け、大変聞き取りやすいご配慮を頂きました。鶴舞中央図書館の司書の皆さん、ありがとうございました。この後名古屋城を見降ろすホテル11階のレストランでのランチ、そして名古屋城本丸御殿見学そしました。ボランテイアさん3名による分かりやすい説明で1時間半満足した時間でした。

2019年6月2日日曜日

6月企画展示は「なかつがわの発明工夫」

6月1日~7月18日までの企画展示は「なかつがわの発明工夫」です。岐阜県発明協会中津川支所と中津川市工業振興課の協力により展示しました。内容は一般市民、児童、工業高校、企業から「くらしの知恵創作展」入選作品を主に展示しました。
これから迎える夏休みなどの課題の参考になれば幸いです。

2019年5月20日月曜日

第9回かけはしツアー6月19日(水)計画しました

平成23年6月信州小布施町「まちとしょテラソ」へ図書館くらぶ員30数名バスででかけてから毎年一般市民も募集して50名前後で、各地の公共図書館を訪れ、いずれ私たちのまちにも新しい図書館を計画するときの準備に、また視野を広めるためにも開催してきました。24年は塩尻市の「えんパーク」25年は高山市立図書館と飛騨市立図書館、26年山中湖図書館、27年鯖江市立図書館、28年安城市立図書館、29年岐阜市立図書館「メデイアコスモス」、30年上田市真田図書館いずれも大変魅力的な特徴を備えた図書館でした。今年は名古屋市立鶴舞中央図書館です。大規模図書館を見てきたいと思います。同時に名古屋城本丸御殿見学、キャッスルホテル11Fのレストランでランチを、45名で出かけることになりました。